術後1年10カ月検査と大腸検査

闘病日記、病気のこと

先日は2ヵ月ごとの定期検査で、午後に大腸検査を入れていました。タイトなスケジュールで不安でしたが無事終了しました。

結果的には、肝機能は問題なしでしたが、大腸検査で問題が有りで組織検査になりました。

朝6時からモビレップを飲み始めて3時間ほどで準備完了(1.5L服用)して遅刻気味に出発。一番心配していた1時間の車移動も何事もなく到着できました。

前回2018年にも検査の機会があったのですが、腹水(肝硬変末期)で飲食すること自体が辛い時期で尚且つ体力も無かったので、準備中にフラフラになって検査を断念したのが最後でしたので若干トラウマになっていました。

検査前の消化器外科・内科の診察は特になにもなく、採血数値もOKでした。下記が肝機能の採血データです。

採血データ

実は採血前にプログラフを飲むという失態をしたので今回はタクロリムス服用時の数値になってます、次回も2か月後。

その後現在の病院で初めての大腸検査へ。少し遅れ気味の14時30分スタートで30分くらいで終了でした。

検査のやり方自体はどこでも一緒だと思ったんですが、この病院では鎮静剤を基本的に使うようで、あとで聞いたら言ってくれれば打たないそうです。

PSC発覚から10年間は、大腸はあまり問題を指摘された事がないので楽観視していましたが、担当医が虫垂の辺りが少し赤くなっているとの事で、軽く大腸炎の兆候があるとのことでモニター越しに丁寧に説明してくれました。薬を開始した方が良いかもしれないとの話で終了しました。

このあとは鎮静剤を打ったこともあり17時くらいにようやく食事ができました。結局20時間食べれずでしたのでグッタリでした。やっぱり外来の大腸検査はしんどかったです。

この検査は自体は定期検査的なものですが、肝移植後から術前より油ものなど食べた時にお腹を壊すことが多くなった事が気になっていた事もありこのタイミングで実施でした。
てっきり胆嚢が無くなった事が原因なのかと思ってましたが・・・

しかし後日、過去の記録を見つけて同じような事が書かれていることに気付きました。5年前の検査レポートなんですが、問題になっていなかったのでよく理解していなかったようです💦

2015年検査時

ただ今回は薬の話が出ていたので悪化しているのかもしれません、来週まで主治医の判断待ちになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました