医療保険の最低限知っておきたい保障のこと

医療費・保険

保険に加入していても、契約時に用語を調べる程度で、規約内容を全て把握できないのが現実ではないでしょうか?

自分が難病になり保険請求をするようになって、保険の複雑さを実感しました。実際入院しても支給されない場面も体験しました。今回は医療保険の最低限知っておきたい事をまとめてみました。

※保険会社によって規約が違うのでご注意ください。

医療保険の支払限度日数について

1回の入院に対して入院給付金には限度日数があります。契約内容により30日・60日・120日など様々あり、契約した限度日数以上入院しても入院給付金を受け取ることができません。

例えば、限度日数60日で契約していて、70日の入院をした場合は60日分が対象で残りの10日分は支払われません。

180日ルール

そして『 1回の入院 』という言葉については、前回の入院から180日以内に同じ原因の疾病で再入院した場合は、1回の継続した入院となってしまう事です。

ですので短期間での、再入院を繰り返す場合には注意が必要です。入院が決まり、あと数日で180日に達する場合は主治医と相談されても良いかもしれません。

支払日数は無制限ではありません

入院の支払限度日数以外にも、『 通算支払限度日数 』という制限もあり、通算の日数にもに限度があります。通算1095日といのが一般的のようで、この日数を超えて入院した場合、保険給付金を受け取ることはできません。

ケガと病気は別

上記の例では同じ原因の疾病の場合でしたが、不慮の事故などは『災害入院給付金』の別の扱いになり、180日以内の再入院でも保障されます。※契約条件により異なります。

自分の話ですが、病気入院の退院直後に骨折しましたが、保障対象になりました。

全ての手術が対象ではありません

手術を行うと必ず手術給付金が給付されそうですが、保険会社や商品によって対象が異なる場合があるので、該当しない手術を受けても給付されません。また改定などがあって変更される場合もあります。

病気別の給付金一覧は、保険会社の規約に書かれていますので、確認される事をおすすめします。

実際の記載例(自身の保険例)

自分の保険の照会画面です。上記で書いた様な注意点の記載はありますが、この様に分かりにくいですが、契約する際に非常に重要な事です。

まとめ

以上が、実際に医療保険を利用して最低限知っておきたいと思う項目です。

自分もそうでしたが、今の時代はオンラインで済ませたいと考える方も多いと思います。しかし保険のような重要な事は、やはり直接プロに相談して検討すべきでした。少なくとも契約内容をもう少し正確に把握して契約できたのではないかと思います。結局自分の場合は、オンラインで安く済ませた分、大幅に損をする事になり後悔しています。

持病があって保険を使用する確率が高い方は、保険を見直す際は注意なさってください。

保険スクエアbang!/生命保険

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました