健康管理がめんどくさい。体重計、血圧計はアプリ管理がおすすめです。

スポンサーリンク
健康管理・食事

病気の有無に関わらず健康管理の重要性はご存じだと思いますが、毎日継続して行えている人の方が少ないのが現実ではないでしょうか。自分が1年程前にデータ管理をオムロンのアプリ(OMRON connect)にしたことで、入力の手間が無くなり、色々なデータを見る事ができやる気も上がりました。自己管理が苦手な方は、よければ参考になさってください。

「健康管理」自動化がおすすめ

自分の場合、病気になってから自己管理が必須となりましたが、それでも時々測り忘れていたことがありました。その後、通院時には血圧、体重の管理の報告を義務付けられたのをきっかけに、スマホアプリで管理可能な体重計と血圧計に替え、管理を自動化しました。
体重計は、乗るだけで自動で電源が入るタイプがおすすめです。購入したオムロンの体重計は『約4秒で測れます』

健康管理アプリ「OMRON connect(オムロンコネクト)」

「健康管理」アプリにまかせる

スマホ対応の機器にするメリットは、データの入力が不要になる事です。測定さえすればデータが蓄積しますので、気付いた時にアプリを更新すれば勝手に入力されるので、毎日入力する必要が全くないので非常に楽になりました。

入力が一番手間だった自分は、これだけで替えて良かったと思っています。またグラフなど、日々の変化も見れますのでやりがいを感じられます。

「健康管理」多機能でモチベーションUP

スマホ対応商品は多々あると思いますが、可能であれば多機能品をおすすめします。体重体組成計(体脂肪計)の方が、測定項目が増え体脂肪率やBMI、更に体年齢などが計算できる高機能品のほうが継続させるモチベーションが違ってくると思います。体重の変化は勿論ですが、体年齢が若くなってくると嬉しくありませんか?

また計測データの印刷機能(PDF)があれば、病院の通院時に出力すれば、診察の時に主治医と情報が共有できます。

「健康管理」アプリ選びは連携性を重視

自分が選んだアプリは、オムロンの体重計と血圧計でした。体重測定だけであればタニタも検討しましたが、オムロンに決めたのには理由があります。購入した時点では、両方管理できるアプリがオムロンのみだった為です。また唯一血圧の測れるスマートウォッチも現状(2020.5時点)はオムロンの「HeartGuide」しかありません。※アップルウォッチは心拍数のみ

オムロンHeartGuideの紹介記事 PHILE WEBサイト

血圧と体重表示画面

血圧計の重要性について

病院などでたまに測定する場合に比べて、家庭で毎日同じ条件下で測定することで、より正確な血圧が把握できることができます。また、「白衣性高血圧」という病院に行くだけで血圧が上がる場合もありますので、医師にとっても診断をする為の重要な情報になります。

家庭血圧測定の重要性 兵庫県保険医協会HP

「健康管理」アプリ選びの注意点

iPhoneの純正アプリ『ヘルスケア』、android純正アプリ『Google fit』に連携させる場合、無名メーカーのアプリだと連携出来ない場合がありますので注意なさってください。管理させれば歩数やGPS対応などで更にモチベーションが上がるのではないかと思います。血圧/脈拍の連携まで、対応できるアプリは非常に少ないです。
※オムロンコネクトの血圧データは「google fit」非対応です(体重は対応)

「健康管理」デメリット

手入力できない
オムロンのアプリの場合は手入力できません。基本的にデータはBluetooth経由の自動入力のみになるため、外泊先などで測定してもアプリには反映できないです。入りません。ただし入力に関しては、iPhone「ヘルスケア」「google fit」などに連携させてまとめて管理するとそちらに入力できます。
連携できない
血圧データに関しては、iPhoneの「ヘルスケア」は問題ないのですが、「google fit」非対応なので、純正アプリに自動入力できないのがマイナスポイントです。
値段が高い
日本メーカーでスマホ対応になる時点でやはり値段が高く、更に機能が増えるほど高価格になります。自分は信頼性で日本メーカーに絞りましたが、Amazonでは3000円程度からスマホ対応が販売されています。手頃な値段なので、とりあえず始めたい方にはよいかもしれません。

Amazonで「体重計 スマホ」を見てみる

「健康管理」まとめ

健康維持のため自己管理を続けるコツとして、アプリによる自動化をおすすめしました。病気の有無にかかわらず身体の変化を知るためにも毎日長期間データを蓄積することが大事だと思います。使用中の「オムロンコネクト」を中心に紹介しましたが、ご自身の目的や予算に合わせて導入を検討してみてはいかかでしょうか?

下記が紹介した無料アプリです。

OMRON connect

 

OMRON connect
開発元:OMRON HEALTHCARE Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ


紹介した、オムロンコネクト対応商品はこちらで検索できます⇩

「Amazon」で検索「楽天市場」で検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました